【結果】2018 ホープフルS

はじめに

みなさまこんにちは!バボです!

先週木曜日に開催されたホープフルSを振り返っていきます!

今回こそは自信があったので、非常に悔しいです。
※ルメール騎手を買わなかった私が悪いのですが・・・

結果

着順枠番馬番馬名性/年齢騎手人気オッズ
145サートゥルナーリア牡2Mデムーロ11.8
268アドマイヤジャスタ牡2ルメール26.2
311ニシノデイジー牡2勝浦36.6
4813コスモカレンドゥラ牡2戸崎圭841.6
522ブレイキングドーン牡2福永49.9
6711ヴァンドギャルド牡2Cデムーロ510.4
744ヒルノダカール牡2松田968.7
833キングリスティア牡2内田博624.4
957ミッキーブラック牡2マーフィー735.8
10710マードレヴォイス牡2三浦13436.3
1169ジャストアジゴロ牡2田辺1070.3
1256ハクサンタイヨウ牡2松岡12430.9
13812タニノドラマ牡2池添11171.0

上位馬と注目馬の振り返り

1着 サートゥルナーリア

パドックではダントツの1番手評価でした!+12キロでの出走でしたが、太め感のないいい馬体でしたね。

実際のスローペースの中、好スタートからインの番手を取った時点で勝ちを確定でしたね。

直線では狭くなってしまいましたが、アドマイヤジャスタブレイキングドーンの間を割るときの脚はワンランク上のものでした。ここは圧勝でしたね!

真剣に脚を伸ばしたのは残り200mに入ってからでしたし、まだまだ奥が残っていそうです。

しかもノーステッキでの完勝ですから、来年が非常に楽しみです。

2着 アドマイヤジャスタ

スタートをポンっと出て、番手で進め、直線では一瞬ハナを取りましたが、後ろから来た勝ち馬に一瞬で交わされてしまいましたね。

まだまだよくなる素質を秘めているので、クラシックでの逆転に期待です!

追いきりで、終始頭が高いのが気になってしまい今回は買いませんでしたが、きっちり2着まで来ましたね。これはやられました。

鞍のルメール騎手はめちゃくちゃ上手かったですね。この人の勢いに逆らってはいけませんでしたね。

特にスローペースになったときの展開の読みがずば抜けていますね。
いまの現役騎手の中では一番上手いのは間違いないです。

ホープフルSは2着でしたが、年間最多勝利数更新はお見事です!

今年1年お疲れさまでした!来年も期待しています!

3着 ニシノデイジー

今日は落ち着いていたことが一番良かったと思います。

内枠だからこそ壁ができてなんとか折り合いをつけて運ぶことが出来たと思います。

なかなか進路がむずかしいところにいましたが、なんとか馬郡を割ってきて3番手に来ました。
やはり馬自身の力はかなり感じました。

クラシックでも活躍に期待出来ますが、折り合いは今後の課題ですね。

鞍上の勝浦騎手もセオリー通りには乗れていたと思いますが、個人的には少し納得のいかない騎乗でした。

序盤は馬が掛かっていたので抑えたのはわかるのですが、終盤はもう少し早く動いて欲しかったですね。

残り400m位から動けていれば、2着までは可能性があったと思います。次回はもう少し上手く乗ってほしいものです。

5着 ブレイキングドーン

パドックを見た時点での評価は、体の太め感は前走ぐらいだと思いましたが、やはり絞れておらず太かったようです。

直線でもそれなりの伸び脚を見せ、積極性のある競馬を出来た悪くないですが、真っ向勝負をした上で突き放されていたので、現状は完全な力負けだと思います。

来年以降、馬体を絞ってスッキリして出ていたたときにどう変わってくるか注目していきたいと思います。

鞍上の福永騎手も、持続力勝負に持ち込んだのはいい判断だったと思います。

スタートが割りと良かったので、本当はアドマイヤジャスタの位置を取れればよかったのですが、

やってほしいことはやってくれました。が後一歩ものたりなかったですね。

このレースの収支

購入金額

合計 4000円

的中

なし

収支

– 4000円

さいごに

今年最後のG1も結局外国人騎手のワンツーフィニッシュでしたね。

来年はもう少し日本人騎手にもがんばって欲しいです!

特に福永騎手はいつも私の本命馬を飛ばすので、もう少しがんばって欲しいです!

今年の日本ダービーみたいな騎乗を毎回してくれると安心できるのですが・・・(笑)

さて、次回の予想は年明け最初の重賞である、中山金杯と京都金杯の2本立てでお送りする予定です!

以上、バボでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です