【中間予想】2018年 エリザベス女王杯

はじめに

みなさまこんにちは!babolatです!

今週末開催予定のエリザベス女王杯の注目馬へ現時点での予想とコメントを書かせていただきます!

出走馬

馬名 年齢 騎手/斤量 予想オッズ
アドマイヤリード 牝5 藤岡康/56.0 11人気 85.3
エテルナミノル 牝5 四位/56.0 16人気 571.2 
カンタービレ 牝3 Cデムーロ/54.0 5人気 6.6
キンショーユキヒメ 牝5 秋山/56.0 14人気 316.0
クロコスミア 牝5 岩田/56.0 7人気 31.7
コルコバード 牝5 浜中/56.0 9人気 34.5
スマートレイアー 牝8 武豊/56.0 8人気 32.0
ノームコア 牝3 ルメール/54.0 2人気 3.6
ハッピーユニバンス 牝6 松若/56.0 18人気 1142.4
フロンテアクイーン 牝5 蛯名/56.0 6人気 21.8
プリメラアスール 牝6 幸/56.0 17人気 690.7
ミスパンテール 牝4 横山典/56.0 10人気 53.4
モズカッチャン 牝4 Mデムーロ/56.0 1人気 2.8
リスグラシュー 牝4 モレイラ/56.0 3人気 4.3
レイホーロマンス 牝5 福永/56.0 12人気 195.4
レッドジェノヴァ 牝4 池添/56.0 4人気 6.5
ワンブレスアウェイ 牝5 津村/56.0 13人気 249.6
ヴァフラーム 牝6 川又/56.0

15人気 353.6

考察

エリザベス女王杯は上位人気馬が勝ちにくい印象のレースではあるが、現時点では、人気通りで決まるのではないかと予想している。

牝馬限定では珍しい2000M以上のレースの為、一瞬の足よりもスタミナを重視するレースだといわれている。

過去10年のデータを調べてみると、5歳以上の馬は極端に複勝圏内への入賞率が大幅に下がり、6歳以上ともなると過去10年間で優勝はない。

このことからも3歳馬と4歳馬が有利であることがわかる。

注目馬

◎ モズカッチャン

牡馬相手に引けをとらない競馬をできる馬であり、今回の出走馬の中では頭ひとつ抜けた馬であることは間違いない。中間の調教もここまではとてもよく見える。

最終追い切りを見てから判断するつもりだが、今回はこの馬で間違いないだろう。

○ レッドジェノヴァ

京都大賞典では現役最強馬候補であり、サトノダイヤモンドに1/2馬身に迫るすばらしい走りを見せた。中間の調教も順調であることから、優勝を狙える1頭。

モズカッチャン相手にどこまで戦えるかを期待したい。

▲ カンタービレ

秋華賞ではすばらしい追い込みを見せ3着入賞した。

京都競馬場での連帯率が66% 複勝率100%であることから、京都競馬場への適正は疑う余地はないだろう。

しかし、オークスでの大敗はかなりの懸念点である。
距離適正に不安あり。

△ コルコバード

直近の戦績もよく、気になる1頭ではあるが唯一の馬券外が京都という点が懸念点。中間の調教はタイムこそ出ていないが、気分よく走れてる印象を受けた。

最終追い切り次第では気になる1頭である。

最後に

以上!babolatの考察&予想でした!

各馬の最終追い切りを踏まえて、週末にはエリザベス女王杯の買い目を公開します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です